So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

選挙は妥協 [あれこれ]

衆院選挙が真っ盛りだ。


友人に衆院議員になったのが一人いて、民進党の有力議員になっていた。とても信頼できる人で、夏の国会閉会中に会う機会があったのだけれど、誰かが、「どんな政治を目指しているの?」というようなことを聞いたら、確か、「まともなことがまともにとおるような政治にしたい」(あれ?今、誰かが同じこと言ってるよね?)というような趣旨のことを言っていた。で、その後、急転直下、民進党が解党して、友人は、希望の党に鞍替えした。

これには、失望した。あんなに、●●に反対して、国会でもよい質問していたのに、小池百合子は、絶対●●に賛成じゃないの?って感じ。まあ、●●だけではなく、安保法制にしたって、極右の小池百合子とリベラルのはずの民進党が合流するって、大部分の民進党議員は、それまで支持してくれた人たちを裏切っているわけだ。ちなみに、今「まっとうな政治を」と言っているのは、枝野さん。


では、選挙で誰に入れるか、比例でどの党を支持するのかというと、当然ながら、完全無欠はない。


私は、国の財政再建は急務で必須。債務超過を解消しなければ、国はいずれ信用を失い、日本円は紙屑になる(日本国債の格付けが毎年下がっているのは周知)と思っている。だから、そのために消費税増税が必須ではないけれども、必要なら10%でも20%でも、すれば良いと思っている。ところが、選挙になると、自民党から共産党まで、福祉だのなんだの、一般市民にばらまく系の話しかしない。ま、政治家は国民はアホだと、飴に食いついてくると思っているわけだ。


一方で、戦争をできる国に変えようという安倍の策略には絶対に乗れない。憲法への自衛隊の明記はそれだけに止まるなら問題は大きくないが、結局、安倍の目指すところは、「憲法を変えやすくすること」。既成事実であり、多くの人に抵抗のない「自衛隊の明記」を足掛かりに、「硬性憲法」(変更がしにくい憲法)を「政権の力で変えられる憲法」にしたいということろだろう。国民投票法案もそのための布石だった。しかし、憲法は、他の法律とは違い、国の横暴から国民を守ることを目的とする法である。硬性憲法であることには意義があり、国の横暴を制限するための法を、為政者が変えようと思えば変えられる憲法にすることは、極めて危険なのだ。国民が真に変えたければ国民の力で変えればよいが、行政のトップが主導して変えることは間違っている。それは民主主義ではない。


財政再建の点で一番ましなのは、官僚のいうことをききそうな自民党で、バラマキ系を強調する共産党なんかチラシを見るだけでもイライラする。一方、憲法を守ってくれそうなのは、立憲民主から左よりだけ。結局、妥協は必須なのである。不本意だか一部の政策には思い切って片目をつぶるしかない。私にとっての争点はこの2つで、絶対に譲れないのは、憲法の方なのである。自民党に投票して、それが憲法改正支持と数えられるようなことは、耐えられないので。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ぶどう―長野県東御市、山梨県笛吹市 [ふるさと納税]

ぶどうを冷凍しておくと、皮が簡単に剥ける上、保存にも不自由しないことが分かったので、今年はぶどうを3件申し込んだ。時期を少しずらしたつもりだったが、2件がほぼ同時に届けられた。


まず、長野県東御市の種あり巨峰3kg。寄付額1万円。結構な量で、紙に包まれたぶどうが7-8房入っていた。大粒のぶどうではなかったが、味は濃厚で美味しかった。

もう1件は、笛吹市のシャインマスカット3から4房。こちらも寄付額1万円。3房入っていた。これは、皮のまま食べられるというので、皮のまま食べてみたが、確かに渋みがなく、皮のままでも食べられる。ただし、一度に沢山食べるなら、やはり皮は剥いた方が、美味しく食べられた。


RIMG2118.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ももー長野県豊丘村 [ふるさと納税]

去年のうちに申し込んでおいた桃です。寄付額1万円。5kgなので結構な量です。品種はあかつき。白鳳よりやや固めですが、美味しい桃でした。


DSCF9006v2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

秋の鳥 [鳥]

夏の間、泣きたくなるくらい鳥が見えなかったのですが、ようやく今年も、ノビタキがやってきました。

ヒタキの仲間は顔が可愛らしい。


36770666733_f007c55e79_z.jpg


37183735420_c9965c78bf_z.jpg


渡りのエゾビタキとコサメビタキも来ました。


37440857211_6b526147e0_z.jpg


37440857011_ff6df4983e_z.jpg


色が変わり始めた桜の木に、オオルリが止まりました。


36570441814_99d2dc93e9_z.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

くじ シャーリィ・ジャクソン [本]

「ずっとお城で暮らしている」という長編だけ読んだことがあって、「くじ」という作品が有名なのは知っていた。これは短編集で、有名な「くじ」は一番最後に収録されているが、他の作品と比べて、特別面白いわけでもなかった。


しかし、犯罪までに至らないような、日常に潜むちょっとした悪意ばかりをリアルに書いた作品は、気持ちの悪い読後感があって、面白い。アパートの同じ階の住人を食事に招いたら、彼女の上司が突然訪問してきて、そのまま自分の部屋であるかのように上司を招き入れ、住人であるかのようにふるまうので、本来の住人の男は、気持ちよく整った自分の部屋から、ついに、汚れ放題の彼女の部屋へ帰らざるを得なくなる話など。読んだ後、非常にもやもやした気持ちになるが、上手いと思うし、こういう小説を書く人はほかにあまりいない。独特の作風である。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

皿ー沖縄県八重瀬町 [ふるさと納税]

2枚組のお皿で、大きさ深さがちょうどいいものがあったのでいただいた。寄付額2万円。


DSCF9114.JPG


写真で見ていた印象より薄手で軽い。料理はもう少し色や柄がシンプルな方が映えたかもしれないが、使いやすい大きさで、大変重宝している。基地問題で本土人に苦しめられている沖縄にもっと寄付がしたいが、やはり送料がネックなのか、返礼品はあまりこれといったものがない。生鮮品は特に送料が割高になるだろう。かといって、正直、シーサーの置物とか、織物のコースターとか、もらっても仕方がない。こういう、ちゃんとしたものがもっと増えるといいのに。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

バターー北海道猿払村 [ふるさと納税]

去年いただいた町村農場のバターがそろそろなくなりそうなので、バター3缶セットをいただいた。畜産振興公社が作っていて、良さそうなのだが、口に合わなかった。

まず、塩気が強すぎる、そして後味が、マーガリンのよう。小学校のころ、給食のマーガリンがまずくて嫌いで、残すと怒られるので、牛乳で塊のまま流し込んで飲み込んだ、悲しい記憶がよみがえった。

変だなあ、と思って原材料表示を見ると、生クリーム・生乳・食塩と書いてある。どういうことなんだろう。バターは、生乳と食塩からできていて、途中で生クリームになって、バターになるはず。いったん出来上がったバターにさらに生クリームを混ぜるということなのだろうか??

これなら、スーパーでカルピスバターを買ったほうが良かった。バターに、そんな落とし穴があったなんて。3缶もどうしよう。料理に使うしかないとか言って取っておいても、使わないんだよなあ。お菓子とかパンとか作るなら大量消費できそうだけども。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

スマホ [買い物]

仕事のときはモバイルPCを持ち歩いているので、私は、日常的にスマホを使わない。夫の古いスマホに格安シムを入れて、休日の外出中に、渋滞情報をみたり、天気をみたりするのに使っているだけだった。そもそも、スマホが古すぎて、セキュリティーが心配なので、IDやパスワードを入れるような使い方はしていなかった。


ところが、先日、外出先で、フェイスブックが見られなかったばかりに、必要な情報を入手できなかったことがあって、新しいスマホを買うことにした。格安シムを使えば、本体価格が一時費用としてかかるだけだから、たいしたことない。中国や台湾メーカーのスマホは安くて評判が良いが、台湾系のノートブックを買ったら、SDカードスロットがすぐに不良となり(保証期間内だが面倒くさいので放置してある)、やはり違うなと思ったので、本当は、日本のメーカーのものを買いたかったが、モトローラにしてみた。モトローラと言えば、携帯電話が普及し始めたころ、モトローラかノキアか、というくらい強いメーカーだったので、その頃のモトローラを知っている私にはブランド訴求力はある。今はレノボらしいので、中華といえば中華なんだろうけど。


裏面パネルがプラなところがやや安っぽいが、2万円だから、こんなものだろう。何が起こるかわからないので、前面のカメラレンズにはテープを貼った。やはり物理的にこうやって阻止する方法が一番安心できる。格安シムだから遅いのだと思っていた通信速度は、同じ仕様のシムで驚くほど速くなった。


DSCF9129.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ロボット・イン・ザ・ガーデン デボラ・インストール [本]

2015年のイギリスの作品。自動運転とかAIとか、ほぼ現代そのままに、ロボットとアンドロイドだけが普及しているという設定である。タイトルのとおり、庭に迷い込んだ、おんぼろロボットと、ロボットを拾った男が、ロボットを修理するために、イギリスからアメリカへ、東京へ、そしてパラオへ、とヒントをたどりながら、旅をすることになるという、ファンタジー。そして、ロボットが、主人公の名前を連呼しながら、足にしがみつき、まるで仔犬のように可愛いというあざとい設定。要は、シロとはハチとかの泣かせる動物映画のロボット版。ただし違うのは、ロボットはたどたどしくながら、言葉を話せるということ。子供の方が、そうすると近いか。


とはいえ、旅する間の物語は結構面白かった。最後にイギリスに帰ってきての、大円団的な終盤がややながくて、やりすぎ感がある。もっと早く終わってよかったのに。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

柑橘詰め合わせー伊方町 [ふるさと納税]

去年申し込んで、今年の3月に届いた「柑橘」。旬の柑橘とあるだけで、種類の明記はありません。まあ、5000円だし、時期的にちょうど他の柑橘も終わったころだし、いいかなと思い、申し込みました。今はどうか知りませんけど、伊方町は、クレジット決済ができず、郵便局に振込に行きます。さすが、原発の町。返礼品もあまり種類は多くありません。財政的にふるさと納税にあくせくしなくて良いのでしょうね。


ちなみに原発が爆発したら、柑橘はだめです。伊豆の東海岸の柑橘なんて、私は今でも怖くて食べられません。何が怖いって、生産者も行政も誰も調べないのが一番怖い。


段ボールいっぱいの柑橘は、色の薄いのが「はるか」で、色の濃いのが、たぶん「清美オレンジ」かな、と思いました。ちなみに、箱の中身が何の柑橘であるかの説明はありません。味はふつうでした。


DSCF7768.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -