So-net無料ブログ作成
検索選択

カズオ・イシグロを探して (ETV特集) [テレビ]

10年ぶりに来日したカズオ・イシグロがテレビのインタビューに答えるというので、期待して見たのだが、期待はずれだった。

まず、1時間半の番組なのに、実際にカズオ・イシグロが話している時間は、おそらく合わせても15分位。あとは、小説の朗読、文化人がイシグロを語る、テンスな感じの科学者がイシグロの故郷を訪ねる、みたいなもので構成されている。小説の朗読などは、イシグロを読んだことのない人にとっては良いとして、冒頭で「作家が個人を語るのは好きではない。作品を通して知ってほしい。」みたいなことを本人が言っているのに、まだ生きていて語る口も筆も持っている人について、故郷の長崎まで行って、父親の昔の勤め先で「何かお父さんについて資料はありませんか?」って、余りに無神経だと思う。

短いイシグロのインタビューの中には、興味深い言葉もあったことは確かだ。しかし、こんなものだと知っていたら、はじめから、イシグロが語らない場面は全て早送りすれば良かった、と後悔した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0