So-net無料ブログ作成
検索選択

透けない封筒がないとき [仕事]

仕事で中身が透けないようにして送らなければならない書類があった。通常サイズなので、名前入りの自分の封筒で送りたいのだが、蛍光灯に透かしてみると、どうも透ける。「透けない封筒」で検索すると山のように封筒業者のページが出てくるので、今度は(まだ在庫が多数あるけど)透けない封筒で作ろうと思いつつ、でもいつも透けない封筒が必要な訳でもないので、封筒の裏側に使ってあるあの「ごちゃごちゃした模様のある紙」だけ売っていればそれを入れるのになあ、と考えた。

普通の封筒で透けて見えるのを避ける方法として、厚紙でくるむ、というのがネットにあり、そりゃそうだろうとは思ったが、大げさ過ぎる。次に、模様の入った紙でくるむ、模様はダウンロードする、というのを見つけた。なるほど。そこで、ネットで無料でダウンロードできる背景画像などを見て回った。細かい模様のもので、色が濃い部分が多いものを普通のコピー用紙に印刷して、書類を包むと透けないことが分かった。いろいろな模様があったが、まあ仕事で使うので、お花模様もないだろうと、いかにも「情報保護用」みたいに見える幾何学模様を使ってみた。なかなか良い。まあ本当は透けない封筒で作るべきなんだろうけど。使い分けるのも悪くないから、検討してみよう。 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

履歴書の封筒の書き方

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 履歴書の封筒の書き方 (2011-10-19 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0