So-net無料ブログ作成
検索選択

悪いうさぎ 若竹七海 [本]

本好きなつもりなのに、この作家の名前をアメトークで聞くまで知らなかった。文庫もたくさん出ているのだが、装丁がライトノベル風で、本屋で見て買うことはないな、という感じ。


この作品は、おそらく作者と同年代の装丁の女性探偵のシリーズものの一つで、いくつか読んだが、これが一番面白かった。このシリーズは、主人公が、「永遠の28歳」みたいな感じではなくて、読者や作者と一緒に年を取っていく。しかも、家賃7万円のアパート住まい、などということになっており、「バーでギムレット」のような探偵よりも、ずっとありそうな人物設定なのである。物語は、やや慌ただしく、ハードボイルドにすぎるが、表現や背景に流れるトーンに独特の洒脱のセンスがあるところはよい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0