So-net無料ブログ作成
検索選択

香港人の平均寿命が世界一??? [あれこれ]

新聞記事を見て驚いた。香港人の平均寿命が日本人より長い?あんな空気の悪いところで?第一、昔香港に住んでいたが、香港人が長生きなどという印象は全くない。そのころ、日本に一時帰国して、東京で電車に乗ったりすると、「うわー、年寄りがたくさん働いている」と思ったものだ。香港では、50代60代のおじさんが疲れた顔してスーツ着てホームにうようよいるなんていうことはなかった。


ネットで検索してみたが、香港人は漢方の力で長生きだとか、憶測が書いてある。だから、長生きじゃないんだって。平均寿命が、ゼロ歳の平均余命だということは知っていた。新生児の死亡率は低いだろうけど、それくらいしか思いつかない。医療保険制度もなく、医者は好きに値段を決めてくる。公立病院は安いらしいが、中産階級は行きたがらないところだ。


香港人の寿命が長くなりそうな要素


喫煙率が低い(タバコは私が住んでいた当時でもひと箱400円した)

余り酒を飲まない(日本人のように日常的には飲まない)

中華料理は栄養のバランスが良い

冷たいものを食べない

家族があれば年長者は大事にされる


香港人の寿命が長くなりそうにない要素


医療保険制度がないので、十分な医療を受けられない人は多い

冷たいものを食べないくせに、クーラー大好きで冷やしすぎ

空気が悪い

中国人は自殺しないといわれるが、普通に自殺している

社会保障制度がほぼない

貧富の差は日本の比ではない

衛生観念は日本ほど高くない(トイレは汚いし、SARSのころ、在住日本人が誰も感染しなかったのは、日本人には手洗いの習慣があるからだと言われてた)


人口構成を調べてみると、香港に100歳以上の人はいない。ピラミッドを見比べても、日本の方が高齢化社会のように見える。だから実感としては、香港人が日本人より長生きだとは到底思えない。そして、仮に計算上、ゼロ歳の平均余命が日本より長くても、そのゼロ歳が30歳になるころには、香港は完全に中国になって、こういう統計すら中国に吸収されるのだろうから、ある意味幻の平均寿命としかいいようがない。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: