So-net無料ブログ作成

最愛の子供 松浦理英子 [本]

松浦理英子の新作。女子高校生たちが、疑似家族を作るような話だというので、女子高出身者としては、あまり食指は動かなかったが、読んでみた。


結論としては、面白くない。「わたしたち」という正体不明の一人称が妄想を含めて物語を進めていく。「私たち」は、疑似家族3人の周囲にいる女子高校生たちであることは間違いがないのだが、まず、これが心地よくない違和感。だいたい、「わたしたち」みたいに女子高校生がまとまるはずがない。


3人の関係性に焦点があてられているのだが、別に面白くもなんともない。そして、最後の数ページで、いきなりやたらと感傷的になる。評価できない。とても好きな作家だったし、寡作なので、残念だ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: