So-net無料ブログ作成
検索選択
ふるさと納税 ブログトップ
- | 次の10件

バター・チーズ―北海道江別市 [ふるさと納税]

バターがちょうど切れていたので、バターの入っているものを選んでみた。美味しい。特に乳化剤を使っていないというクリームチーズ、絶品。

 

 DSCF3682.jpg

PA300462.jpg 

 PA300463.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ジャム-某県某市 [ふるさと納税]

ふるさと納税の特典でいろいろなものをいただいて、たいてい満足しているが、失敗した。「ジャム」。伊豆は苺やかんきつ類が取れるので、直売所でも、農家の人が作った苺ジャムやママレードが売っているが、味に多少の違いはあるものの、たいてい美味しい。

しかし、この某県某市の「ジャム」。まず、原材料表示からしてジャムではないような?添加物いっぱい。直売所のものは、砂糖と果物だけである。味は、細かく切った果物をコーンスターチで固めたような味がする。 はっきり言って美味しくない。2種類開けてみたが、残りは料理にでも使うしかない。(どんな料理に使えるのだろう。)そもそもプレザーブスタイルなら、そう書いてほしかった。でも、ふるさと納税の特典は、私は、所詮「おまけ」だと思っているので、まあ、仕方ないかと思い、ここに書いて反省することにする。

 PA200460.jpg

 PA200458.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

桃-山形県天童市 [ふるさと納税]

1万円の寄付で、桃が2回届くという特典があったので、寄付してみた。果物は、食べごろがあるので、一度に沢山いただいて、「悪くなるー」と焦って食べるよりも、2回に分けて送ってもらった方がもちろん有難い。クール便で送料だけでも、2回だと2000円位かかるはずなので、太っ腹である。

さて、1回目は、黄桃。持ってみて実が「ぶよぶよ」に近い頃には、マンゴーのような食感がする。それより前に食べると、甘い杏のような感じ。自分で買うと、結局山梨の白桃ばかり買うので、違う種類の桃も面白い。

DSCF9103.JPG 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

桃-岡山県総社市 [ふるさと納税]

山梨に近い道の駅で買う桃は美味しいのだが、東京の仕事場の近くを歩いていたら、商店街の八百屋に、同じ山梨の桃がずっと大きくて安く売っていた。道の駅の桃は、「中」という余り大きくないもので、2個340円、東京の八百屋はそれより2回り位大きいものが、3個で400円。 なんだか、がっかりしてしまった。中央道が使えるので、勝沼あたりの桃の産地と東京は、とても近いのだろう。 

東京に住んでいたら、ふるさと納税で桃をいただかなくても良いかもしれない。静岡で買うと随分割高に感じるので、ふるさと納税でいただくことになる。これは、岡山県の白鳳。岡山の桃らしく、見慣れた山梨の桃より、肌が白い。写真の表示が上手くいかなくて、右端が切れています。

DSCF8260.JPG 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

さくらんぼ 山形県村山市 [ふるさと納税]

夫がもらったさくらんぼ。種類は佐藤錦。 (この写真は、去年別の自治体からもらったもの)

ふるさと納税のサイトを見ていると、いくつかの自治体の返礼品に「クオカード」があるのを見て、趣旨がちがうんじゃ、と思って、違和感を感じていたが、やはり、総務省の指導が入ったらしい。換金性の高いものと、返礼割合が高いものは、扱わないように、と言っている。そして、この総務省の指導を、良く見てみると、返礼品はもらった人の「一時所得」だと書いてある!まあ、マイレージも課税所得に含むというのだから、それはそうだろう。でも、気がつかなかった。

しかし、宿泊券のような現地に行かなければ使えないようなものは、結局その自治体へお金が落ちたり、親近感がわいたりするのだから、返礼率が少々高くても良いような気がする。あと、私ももらったことがあるが、自治体運営施設(美術館、温泉など)の入場券など自治体にとっては、コストが固定的なもの。転売する人がいるとすれば問題だが、記名制にしてしまえばよいのではないだろうか。 

18985789596_ee42b7d031_z.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ふるさと納税-うきはの山茶 [ふるさと納税]

流通しているお茶の「○○茶」「○○県産」というのは、50%その産地や銘柄のお茶が入っていれば良い、と言うのが生産者団体のルールだということを知ってから、産地を見て安心しないようにしている。放射能汚染された茶葉を使いたくないからだ。国の安全基準を信用していないし、生産者の団体がサンプリングして検査した結果だって、仮に検査が公正だとしても、流通やブレンドを経て実際口に入る茶葉とは違うのだから、信用できない。このお茶屋さんのように、売っている商品毎にきちんと検査して情報開示してくれたら、静岡茶だって狭山茶だって、もちろん買う。何度も言うが、リスクを自分でコントロールしたい消費者に対して、やみくもに「風評被害」を訴え、説得的な理由も明かさずに「問題ない」という結論ばかり押し付ける、生産者や産地や某県知事の態度は、私に受け入れがたい。

したがって、仮に西日本産の宇治茶であっても、八女茶であっても、それだけでは買わない。50%に他の産地の茶葉が入っているかもしれないからだ。 100%西日本産の茶葉だというなら買うのだが、そういうブレンドした茶葉の情報を明らかにしている販売者は少ない。ふるさと納税の特典でも同じ。で、自社農園100%みたいなものを買う(いただく)ことになる。これは、福岡県うきは市の有機栽培の茶葉。同じようなお茶は他にもあるが、パッケージのデザインが洗練されていて目を引く。こういうところに差別化する価値があるのだな、と思う。

DSCF7078.JPG 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ふるさと納税-都農ワイン [ふるさと納税]

前に伊勢丹で買って美味しかった宮崎のロゼワインが、ふるさと納税のお礼の品にあったので、申し込んでみた。ちなみに最近ヨーロッパでは、ロゼワインが人気があるらしい。私もどちらかというと飲まず嫌いで余り手をださなかったが、最近時々買っている。

宮崎県都農町のワイン3本セット、赤、白、ロゼ。1本ずつ箱に 入っていた。ロゼは飲んだことがあるので、まず、赤を開けたが、まあ、家で日常飲むワインとしては十分。日本のワインはアルコール度数が低いよいで、11%位と書いてあった。 

 

 26651656105_4d85f034b6_z.jpg

 

ちなみに、ふるさと納税制度を利用して、熊本地震の被災地に寄付が出来るらしいが、よーく考えてみると、赤十字などの税務署が全額寄付金控除を認めてくれる団体に寄付をすれば、やはり払うべき税金から寄付をすることができて、しかも限りあるふるさと納税の枠を消費しなくてよいから、お礼の品がもらえるふるさと納税制度を、寄付に使ってしまうのは、もったいない。そこで、赤十字に寄付をした訳だが、これが全額控除してもらえるなら、別に災害があった時ではなくても、税金を払うより、毎年寄付した方が良いのではないかと思った次第。熊本の地震に寄付をしながら、「豊かな日本で本当に必要?」「エクアドルの方が必要なのでは?」「もっと寄付すべき先は世界に幾らでもあるのでは?」と思ったのも事実であり、そこの部分を税金に払う分をスライドさせることで、埋められるなら、その方が良い。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
- | 次の10件 ふるさと納税 ブログトップ