So-net無料ブログ作成
検索選択

猫の皮膚病顛末記2 [猫]

さて、皮膚科医の妹にステロイドを塗れと言われた猫が、その後どうなったかというと、ひどいふけが出ていた首の後ろと耳の裏側は、まもなく症状が治まった。1週間様子を見て、治らなければ再度ふけを採取して検査してもらう、という治療的診断の予定だったのだが、よくなったので、検査はせずに、もう1週間ステロイドを塗った。結果、首の後ろは、うっすらと毛が生え始めている。もともと、首輪はげになっていた部分には生えてきそうにもないが、今回脱毛した部分は回復しそうだ。

で、結局、うちの猫は何の病気だったのか?私の推測はこうだ。

まず、あごの下の一部が真菌ではげた。その前に黒にきびがひどくなっていたので、何か関係していたのかもしれない。残念なことに獣医にもらった薬があまり効かず、あごの下のハゲが広がった。一時、獣医の指示でカラーをしていたのもよくなかったのかもしれない。薬を止めた時に、ふけがでたことと、周囲に広がっていったことから、検査しなかったけれど、やはり真菌だったのだと思う。

その後、消毒と人間用の抗真菌剤で、漸くあごの下のハゲの進行が止まった。しかし、カラーをはずして、あごの下に薬を塗ったものだから、猫はあごの下の薬が接触する胸の上あたりをなめまくり、その結果、毛が抜けて、Tシャツの襟のように、首のはげが広がった。私は、これを首にも真菌が広がったと誤解したものだから、首輪ハゲの部分全体に予防的に抗真菌剤(期限切れのローションタイプ)を塗った。

そうしたら、首輪ハゲの部分が、この抗真菌剤にかぶれてしまった。そして、ひどい湿疹となり、この時点で、首の後ろのふけを検査。湿疹だから、真菌はいない。そして、ステロイドで治癒。教訓:人間の皮膚科医はあてになる。メールで送った写真をみて、湿疹みたいに見える、と言った妹に感謝。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

猫の皮膚病顛末記1 [猫]

10才の猫のあごの下が赤くなって毛が抜けているのに、気づいたのは、2月の末。はじめはほんとに小指の先くらいのはげだった。すぐに動物病院へ連れて行ったら、診察で真菌と言われ、ヨード消毒と薬(抗真菌剤と思われるが、銘柄不明)を処方された。毎日2回、せっせと消毒と薬を塗っていたところ、(一時、猫挫創のようにも見えた)発赤はすぐに収まったが、脱毛は止まらず、あごの下全体にはげの部分は広がっていった。

この間、動物病院へは何回か通い、獣医の指示でカラーもした。カラーは相当ストレスなようで、ぶつけて歩く姿はかわいそうで、よく戻すようになった。

そのうち、獣医が、皮膚には異常が見られないので、毛が生えないのは別の理由ではないか、と言い、薬をやめ、抗菌作用のあるシャンプーをできれば週2回するように、と指示された。ところが、薬を止めると2日くらいで、皮膚にフケが出た。そこで、あごの下を消毒薬で洗い、母(皮膚科医だった)からもらった、抗真菌剤を塗り続けた。そのうち、何ともなっていなかった、首の回りの首輪のあとの禿の部分が、だんだん広がってきた。周縁部がわずかに赤くなっているが、フケはでない。一方、あごの下の禿にはうっすら毛が生えてきた。ここまでで、2ヶ月。

母が薬を飲ませなければ治らない、と強く言うので、別の動物病院へ連れて行ったが、副作用の話をされて、もう少し外用薬で様子を見ることに。

ところが、あごの下が治ってきたと思ったとたん、特に首の後ろ側の脱毛とフケがひどくなり、抗真菌剤を塗っても効いていないようだった。数日で耳の裏側まで広がるに及び、平日で獣医にも連れて行けないし、ついに、妹(皮膚科医)に泣きついて、写真を見せ、フケを採取して検査してもらった。結果、真菌も虫も見えない、ただし、真菌が表面にいなかっただけの可能性はあるとのこと。妹曰く、湿疹かもしれないので、ステロイドで1週間様子を見るように、と。

その話をあとで母にすると、「私が話を聞く限り真菌だ。薬を飲まなければ治らない。私は●●(妹)なんかより30年も経験があるんだから、私は、学位論文は真菌について書いたのよ。」その学位論文って、たぶん50年前。当時は、抗真菌剤がなかったそうだ。妹にステロイドで様子を見るように言われたと話すと、鼻で笑って「何でもリンデロン」。いや、自分だって、そうだったでしょう。   果たして猫は治るのか?(続く)

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

見ているだけで暑くなる [猫]

西日Love・・・・室温30度なのに。暑くないのか?

IMGP1721.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

猫、痕跡を隠す [猫]

昨日、チリの鉱山事故の救出活動をテレビで見ていたのだが、ちょっとトイレに立って、居間に戻ってきた瞬間、ソファのそばで横座りになっている猫と目が合った。そのとき、猫が、ちょっとうろたえた表情をしたのを、私は見逃さなかった。

近づいていって見てみると、横座りになっている猫のお腹から、さっきまで遊んであげていたおもちゃ(釣り竿状)の紐が数センチ見えている。しまった、おもちゃをそのままにしてトイレに行ってしまったのだと思い、紐を引っ張ると、猫の体の下からおもちゃの持ち手部分(細いプラスチックの棒)が出てきた。が!ない!紐の先についているはずのウサギの毛皮がない。全くない。どこにもない。食ったらしい。それで、残骸の部分を自分の体の下に隠していたらしい。

うちの猫が少々の毛皮を食べても大丈夫なのは分かっているが、まるまるおもちゃ1個分を、ほんの数分の間に食べたとすると、大々的に飲み込んだのではないか?時々、こういうものを食べて大きすぎると吐いているが、上手く吐けずに窒息したらどうしよう?と、心配で仕方なかったので、仕事で外出しなければならなかったのだが、ぎりぎりの時間に出かけ、仕事が終わるとまっすぐに帰宅した。本当は、帰りに東京で釣り具屋に寄ってカワハギの仕掛けを買いたかったのに・・・・・。

帰宅すると猫は平気な顔をしていた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

猫、釘付け。 [猫]

夫が釣った鯖とイトヨリをベランダで塩干しにしてみた。

IMGP0410.JPG

猫は網戸越しの魚に釘付け。

IMGP0409.JPG

鯖は脂が余り載っておらず今ひとつだったが、イトヨリは美味しかった。

IMGP0415.JPG

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

釣り場の猫 [猫]

天気が悪いのに、夫につきあって釣りに行き、何も釣れずに全然面白くなかった。

猫2匹に会った。家の猫は新しいおもちゃで遊んであげても盛り上がらない。7歳だからもう年なのかもしれない。

grass.jpg

kuroneko.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

猫、ビニール袋を食べる [猫]

今朝、ちょっと目を離した隙に、台所のゴミ箱の横で、猫が食品保存用のプラスチックバックを食べていた。2箇所、延べ面積にして5センチ四方か。幸いジップロックのようなしっかりした素材のものではなく、安くてペラペラのもの。うちの猫は、繊維は頻繁に食べるが、さすがにビニール袋はそんなに食べない。前回、ラップを食べたときは、息苦しそうに咳き込んだりしたので、病院で一日様子を見た。心配なので、新幹線を一本遅らせて様子を見るが、平気な様子なので、仕事へ行く。しかし、仕事中も、帰っていたら死んでいたらどうしようと気になるので、5時ころ、頭痛がするから帰る、と言い放って帰ってきた。猫がビニール袋を食べたから帰る、というのは私にとっては立派な理由だが、動物を飼っていない人にとっては、なにそれ?と言う理由に受け取られることは分かっているので。幸い、帰宅すると猫はぴんぴんしていた。あーよかった。それでも、本当に頭が痛くなってきた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

くろちゃんの話 [猫]

この間、会社の帰りに家へ向かう途中、小さい黒猫が私の後をついてきた。近所の野良猫の顔ぶれはだいたい分かっているのだが、みんな警戒心が強く、鳴きながらまとわりつくようにしてついてくる猫などいないはずだった。たぶん産まれて半年くらいの子猫で、真っ黒で尾がまっすぐで長かった。その猫は、しばらくついてきたが、そのうち消えた。そうしたら、翌日も仕事帰りに同じ場所を通りかかると、その黒猫が飛び出してきて、私の後をついてきた。前日に消えたあたりで、しゃがんで頭を撫でてやると、ごろごろ言って膝に乗ってくる。可愛いので、家に帰っていた夫に電話して、家の猫の餌を持ってきてもらい、ちょっとあげた。そうしたら、家の前までついてきてしまい、本当は連れて帰りたかったが、また病気もちだと結局飼えないので、マンションの外へ出した。猫はマンションの外で、悲しそうな鳴き声を張り上げていた。

それで、ずっと気になっていたのだが、それ以来、姿を見なくなった。たぶん、もともとその辺にいた猫ではなく、どこかで飼われていたのが捨てられた猫で、猫好きそうな人を見かけると後をついていって甘えていたのだと思う。だから、きっと良い人に拾われたのだと思いたい。

ところが、夫と私が、帰宅すると「今日、くろちゃん、いた?」「どうしたのかなあ」という会話を一週間くらい繰り返していたら、飼い猫が3日続けて下痢をした。子供の時以来下痢などしたことないのに。 しかも、半分固形で半分下痢というような、いかにも「ストレス」のような下痢である。くろちゃんのことばかり話しているのが気に入らないのか、休日に釣りにばかり行って家にいないのが気に入らないのか、とりあえず、昨日、家で仕事をしてみたら、今日は治った。もう、くろちゃんの話もできない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

5連休! [猫]

幸せこの上ない。今日も明日も休みで、その後も3日も休めるなんて。ブラックベリーなんか絶対見ない。この間伊勢丹からネットで買った、イタリアワインやフランスワインも沢山積まれているし。金賞セットとか、そういうの。しかも天気もまあまあいいらしい。今年は最後になるだろうから、どうしても1回はスノーケルに行きたい。

しかし、今日は台風接近中だし、渋滞リスクがあるので、近場の釣り、になった。風も波も強かったが、なんとか釣りたかったカワハギが釣れた。ワカシ(ブリの子供)が周りではたくさん釣れていたが、刺身にしたとき美味しいのは、カワハギ。釣り場に猫がいて、とてもよくなついていて頭をなでさせてくれる。トイレに行って出てきたら、私が呼ぶのに無視して、すたすた女性トイレに入っていく。もしや、と思って覗くと和式トイレの便器から水を飲んでいた。大腸菌とかいそうだからあまり良くないのではないかと思うが、綺麗な猫だった。

道路は、行きにはすいていた東海岸の下り車線は、午後帰るころには、相当混雑していた。そう、連休は楽しいのだが、道が混むので、行きたい所にいけないのだ。高速道路ゼロ円というのは、環境保護の観点からみても、バスや鉄道の公共交通の利用を促進すべきだし、いかがなものかと思う。

 IMGP1374.JPGIMGP1378.JPGIMGP1376.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ちびの話 [猫]

ちびは日曜日に、家にもらわれてきた。背中と頭が茶色で、体は白の子猫。耳が大きくて、顔が小さい。地元の獣医師会がやっている、犬と猫の交換会でもらってきた。名前は、ちびになった。先住猫の反応が心配なのと、のみがいると困るので、暫く私の部屋に置いておくことにした。トイレと食器も買った。家にきた初日は、チェストの下の狭い隙間に入り込んでいたが、翌日からは、私の椅子の上や、ドレッサーの鏡と壁の隙間や、窓枠に座ったり寝たりしていて、部屋に人が入ると飛んできて、喉を鳴らし、ぐるぐる体の回りを頭をこすりつけながら歩き回る。触って欲しいのか、ごろんと横になる。部屋を出ようとすると、追いかけてきて、物怖じすることなく、ドアから飛び出そうとした。姿見に映る自分の姿が気になるらしく、走っていって後ろ足で立ち上がり、鏡を覗く。先住猫より後ろ足が強い(からだが軽い?)ようで、しばしば後ろ足で立って、しゃがんでいる私の髪を触ろうとする。先住猫は、気配を察して、たちまち怒り狂い、威嚇し、無口になり、私には「あんた浮気しているでしょ」というような猜疑心に満ちた目つきをむけた。

水曜日に、念のため、寄生虫の検査と血液検査のために、動物病院へ連れて行った。キャリーに閉じこめられるのが嫌なのか、短い道のりなのに、凄く鳴いて出たがった。検査の結果は、猫白血病ウィルスが陽性。同居している猫に体液を介して感染する可能性があるという。病気のことは知っていたから、念のため血液検査を受けさせたのだが、まさか、自分の猫にそんなことが起こるとは思っていなかった。先生の話では、1年後くらいに陰性になる可能性もあるし、陰性にならなくても発症しない猫も多いということだが、少なくとも1年間ちびと先住猫を隔離しなければならないし、ひょっとしたら一生2匹を隔離しなければならない。交換会のルールは、当然もらった人が責任を持って飼うことだから、私は、隔離して飼うか、それが無理なら今猫のいない実家にでも頼むしかないと思った。そうしたら夫が、家で狭い部屋かゲージに閉じこめられるよりは、譲ってくれた人のところに帰して、兄弟や親猫(ウィルスは母猫からきたらしい)と一緒に暮らした方が幸せだろう、と言うので、偶々連絡先を聞いていた、そのご夫婦に連絡して事情を話した。そうしたら、断られても当然だったのに、逆に恐縮されて、お世話になりました、すぐに迎えに行きます、と言って家にいらっしゃった。ちびは、ドアを開けるとまっしぐらに駆けてきて、譲り主の奥さんの胸に抱かれた。「可愛がってもらってよかったねー」と声をかけられている。そして、ちびは、奥さんに抱かれて車に乗って、行ってしまった。動物病院で告知されてから、ちびが行ってしまうまで、わずか数時間だった。

時間は沢山あると思って、嫉妬する先住猫に気を遣い、ちびと長時間遊んだり、ゆっくり撫でたりしてあげなかった。写真すら一枚もとっていない。ちびのいなくなった私の部屋は凄く寂しい。ちび、ごめんね。 元気で長生きしてね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: